ブログ運営

【画像解説】WordPressを他社サーバーからConoHaWINGに移行

【画像解説】WordPressを他社サーバーからConoHaWINGに移行のアイキャッチ画像

 

悩む人
他社のサーバーからConoHa WINGへ移行する手順を教えてほしい。

 

こんな方向けの記事になります。

 

記事の内容

  • 【サーバー移転が不安な方へ】丸ごと代行方法
  • 他社サーバーからConoHa WINGへ移行する手順
  • ブロガー別でおすすめの料金プランを紹介
  • 移行に当たっての注意点
  • 移行後の設定について解説

 

記事の信頼性

この記事を書いている僕はブロガー歴2年でエンジニアとして就職もしているので、テック系には強いです。最近、当ブログもConoHa WINGに乗り換えを経験済みです。

 

ぶっちゃけ、『国内最速サーバー』と豪語しているだけあって、体感としても爆速だと感じています。

 

 

とは言え、エラーにも苦しんだりしたので、僕みたいにならないように注意点をお知らせしながら、お伝えしていきますね。

 

僕の場合は「さくらインターネット」から引越しでしたが、他社サーバーからの移行でもできるように解説しようと思います。

 

画像多用で、端的に解説しているので、挫折しないと思います。

 

【1人では不安な方へ】丸ごと任せる手段もアリ

 

ConoHa WINGのWordPress移行代行のページ画像

ConoHa WINGのWordPress移行代行のページ画像

 

今から紹介するやり方で十分1人でできるのですが

 

「ITに詳しくないから1人では不安…。」

「速いとウワサだから、変えてみたいけど、めんどう…。」

 

そんな方はConoHaの『WordPress移行代行』がおすすめです。

 

ぶっちゃけ、サーバーの移転ってトラブルがつきものなので、嫌いな人が多いんですよね。

 

僕の場合は、Webエンジニアに就職するので、サーバー移転も勉強の一つだと思ましたが、とても不安でした。

 

ConoHa WING|WordPress移行代行の流れの画像

ConoHa WING|WordPress移行代行の流れの画像

 

お金はかかってしまいますが、ConoHa WING専任の担当者がついて、責任を持って移行作業してもらえるので安心安全です。

 

メールのヒアリングフォームで相談しつつ、進めばいいのでめんどうなことが一切ない。

 

ConoHa WINGで爆速のブログ運営ができるので、投資だと思ってやることはありかもですね。

 

>> WordPress移行代行|ConoHa WING

 

【解説】WordPressのサイトをConoHaWINGにサーバー移行手順

 

全体像を把握しておいた方が安心するので、把握しておいてください。

 

STEP1:準備

STEP2:ConoHa WINGにアカウント登録

STEP3:ドメイン設定

STEP4:引越し元サーバーにネームサーバーを変更

STEP5:WordPressかんたん移行で引越し

STEP6:引越し元サーバーのネームサーバーを書き換える

STEP7:ConoHa WINGでSSL化

STEP8:ネームサーバーをConoHa WINGに変更

 

準備編

 

まずは、始める前に3点を確認してください。

・WordPressで作られているか

・引越し元のWordPressのログインIDとパスワードがわかっているか

・WordPressの特定プラグインを無効化したか

 

「WordPressかんたん移行」という手段で移行をするので『WordPressのログインIDやパスワード』を確認しておいてください。

 

WordPressの特定プラグインを無効化する

 

特定のプラグインを「有効」にしたまま、「WordPressかんたん移行」を行うとエラーが出る可能性があるので、必ず「無効化」しておきましょう。

 

▼現時点で公式では以下のプラグインが対象とされています。(2020/09/24)

・Yet Another Related Posts Plugin

・WassUp Real Time Analytics

・WordPress Popular Posts

・wp slims stat

・Broken Link Checker

・count per day

 

その他、『SiteGuard WP Plugin』も「エラーが出た」と言っている方もいました。

 

念のため、セキュリティ系のプラグインは全て無効化しておきつつ、公式ページを見ましょう

>> 移行作業前の確認|ご利用ガイドWordPressかんたん移行を利用する

 

ConoHa WINGを申し込む

ConoHa WINGの画像

 

準備が整ったところで、まずはサーバーを契約します。

>> ConoHa WING 公式ページ

 

「いますぐ申し込む」をクリックして、各種名前やメールアドレスやパスワードを設定しましょう。

 

「アカウント登録」→「電話番号/SMS番号認証」→「お支払い方法の登録」→「プラン選び」→「管理画面へ」

 

ConoHa WINGではクレジットカード・ConoHaカード(プリペイド形式)など好きなお支払い方法を選んでください。

 

ConoHa WINGのおすすめプラン

 

たくさん料金プラン、タイプがあるため、迷ってしまうかもです。

 

そんな方向けにおすすめをニーズ別に選んでおきました。参考にどうぞ。

 

・ブログを長期的に続ける予定の方→『WINGパック・12ヶ月・ベーシック』(独自ドメイン付き)がおすすめ(当ブログで採用)

ConoHa WINGのパック料金おすすめ画像

 

・ConoHa WINGサーバーをお試しで使いたい方→『通常料金・ベーシック』がおすすめ

ConoHa WINGの通常料金おすすめ画像

 

『初期費用が無料』で『時間単位の料金』ですし、『ボタン一つでプラン変更可能』なので、深く考えなくても良いかなと思います。

 

ちなみにですが、ConoHa WINGプランの場合、無料で独自ドメインがついてきますが、無理にすぐに使わなくても取っておけます。

 

※ここからはロード時間などが長いため、時間がある時に作業をすることをおすすめします。

 

ドメイン設定

 

ログインして、管理画面が出たところで『ドメインの設定』をしていきます。

 

ConoHa WINGのドメイン設定画像

 

無料独自SSLについてですが、元サーバーでSSL化していても、引き継ぐことはできず、ConoHa WINGで別で取る必要があるので、ここでは『利用しない』で大丈夫です。

 

次のパートでSSL化について設定を行います。

 

※SSL化していた方のみ

 

注意

※このパートは元のサーバーでSSL(URLの冒頭が『https』)の方のみが対象です。

SSL化していない(URLの冒頭が『http』)の方は、『※パート』を無視して次のパートへお進みください。

 

工程は2つ。

・引越し元のサーバーのIPアドレスをメモする

・ConoHaのIPアドレスをメモしたIPアドレスに書き換える

 

※引越し元のサーバーのIPアドレスをメモする

 

引越し元のサーバーのIPアドレスを知っておく必要があります。

 

僕は「さくらインターネット」からの引越しなので、さくらインターネットの画面を見せます。

さくらインターネットのIPアドレス確認画像

 

後で使うので、このIPアドレスをメモしましょう。

 

引越し元のサーバーは各自違うので、それぞれ確認してください。

 

主要なサーバー会社のIPアドレスの確認できそうな記事を載せておきます。

 

その他は『〇〇サーバー IPアドレス 確認』とかで検索してもらうとわかると思います。

 

※引越し元のIPアドレスに書き換える

 

引越し元のサーバーのIPアドレスに変更する前に、こちらも『元々のConoHa WINGのIPアドレスをメモ』しておいてください。

ConoHa WINGのIPアドレスを控える画像

 

ConoHaのIPアドレスがメモできたら、今度は先ほどメモした引越し元のサーバーのIPアドレスを入力します。

そして、+ボタンを押して『A(通常)』『*』『3600』『引越し元のIPアドレス』で追加します。


ConoHa WINGのIPアドレスを元サーバーのものに書き変える画像

 

確認して、完了していれば『保存』でOK。

 

以上で、引越し元サーバーでSSL化していた方限定の作業は終了。次のパートからは全員共通です。

 

WordPressかんたん移行でサイトをお引越し

 

ここからは本格的に中身(データ)をConoHaに引越ししていきましょう。

 

新しくアプリケーションを作成したら、以下のように設定していきます。

 

WordPressかんたん移行画像記入

 

保存ボタンを押すと『移行中』のパラメーターが伸びていきます。

 

『稼働』になったらOKですが、結構長いらしいです。

僕の場合は10分ほどでできましたが、12時間かかったという人もいるので、ゆっくり待ちましょう。

 

ConoHa WINGのWordPressかんたん移行が稼働になるまで待機の画像

 

できたら、『基本設定』>『動作確認URL』のリンクで稼働できているか確認します。

 

この際、SSL化されていない(http://)ですが、ダミーのリンクなので気にせずで大丈夫です。

ConoHa WINGの動作確認画像

 

※『Font Awesome』(アイコンみたいなやつ)をブログテーマなどで使用している場合は、動作確認状態の際に上手く表示されませんが、大丈夫です。

例:WordPressテーマ『AFFINGER5』など

Font Awesomeが上手く反映されていない画像

 

ネームサーバーを変更する

 

WordPressのサイトを移動できたので、今度は実際に見えるようにしていきます。

 

簡単に言うと『ブログURLにアクセスした時に「引越し元サーバー」から「ConoHa WINGサーバー」に変える』という紐付けを行う作業です。

 

すでにIPアドレスの変更はしたので、IPアドレスにドメインを紐付けます。

 

引越し元のネームサーバーページにいき、『ns-a1.conoha.io』『ns-a2.conoha.io』に変更します。(例:さくらインターネット)

 

さくらインターネットのネームサーバー変更画像

 

こちらも引越し元のネームサーバーは各自違うので、確認してください。

 

主要なサーバー会社のネームサーバーが確認できそうな記事を載せておきます。

 

ない場合は「〇〇サーバー ネームサーバー 確認」で検索してみましょう。

 

ConoHa WING上でSSL化する

 

セキュリティ的にもSEO的にも必要なので、これまでしていなかった方もSSL化しておきましょう。

 

サイト管理>サイトセキュリティ>独自SSL>無料独自SSL>利用設定をON

 

すると『設定中』となるので、『利用中』に変わるまで待ちます。

 

ConoHa WINGでSSL化する画像

 

最大72時間かかるらしいですが、僕の場合は30分ほどで完了しました。

 

こちらも気長に待ちましょう。

 

ネームサーバーとサーバーを紐付ける

 

こちらがラスト作業です。

 

『IPアドレス・ドメイン』を紐付けたので、さらに最後は『サーバー』も紐付けます。

 

3つの項目(「*」「@」「www」)をメモしていた元々のConoHa WINGのIPアドレスに戻して完了です。

 

IPアドレスを元のConoHa WINGに戻す

 

もうつながっているはずなので、いつも通りのURLで入ってみてください。爆速になってませんか?

 

以上で、サーバー移行は完了です!!おつかれさまでした!(^○^)

 

補足:移行後の設定

 

ConoHa WINGでSSLを再設定しているので、テーマ内の画像などがhttp://〜のままの可能性があります。

 

なので、WordPressテーマに画像を入れ込んでいる場合などは、https://〜にしておく作業が必要かもです。(当ブログのテーマ:AFFINGER5では必要でした。)

 

AFFINGER5_管理のhttps確認画像

 

他にもパーマリンクの再保存も必要かもです。

 

「WordPressの管理画面>一般>パーマリンク設定」を変更せずに保存

パーマリンク設定を再設定画像

 

ConoHa WINGの『アクセス解析』が最初は反映しないですが、数日経つと反映するので気長に待ちましょう。

 

※完全に確認できるまで、並行稼働

サーバー移転はパッと見できていても、使っている中でエラーに気付いたりすることも多いらしいです。

なので、念のために『引越し元のサーバー』も『ConoHa WINGサーバー』どちらも1ヶ月、2ヶ月は並行稼働することをおすすめします。

 

まとめ:ConoHa WINGにして爆速ブログを!!

 

他とは違ってConoHa WINGには『WordPressかんたん移行』があるので、データを入れたりする手間なく進むことができます。

 

表示速度も圧倒的に上がりました。SEO的にもユーザー的にも速度アップは嬉しいですよね。

 

ブロガーとしてはサーバーを変えると管理画面すら表示速度があるので、記事作成も捗ることが嬉しいです。

 

みなさんも、爆速のWordPress生活を!(^○^)

 

>> ConoHa WING 公式ページ

 

今回はこの辺で!

最後まで読んでいただきありがとうございました!つばさ(@basabasa8770)でした!

 

 

-ブログ運営
-,

© 2020 バッチャンネル Powered by AFFINGER5