現在テーマを更新中

【冷たい人間】と言われる理由 を語る

お勉強

 

 

優しいと言われるけど、決して自分ではそうは思わない。そんな人もいるのではないでしょうか?

 

そこで私が冷たい人がどうして冷たいのかの理由について解説していこうと思います。

 

はじめに

先日、サークルの試合がありました。私たちのチームは負けてしまいました。

そこで貶し合いが始まったことが問題です。

そこでこのブログには、見てくれている方の考え方を柔らかくしたいと思ってこの記事を書いています!

 

「冷たい」

「合理的にしか考えてない」

「楽しんでる?」

と私はよく言われる。

 

こうなったには、私にも言い分があるのだ!

その言い分を解説していきたいです。

冷たい人の理由

 

あなたは走ることは好きですか?

 

嫌いな人も多いと思います。

「あんなの苦痛でしかないやん。」「何が楽しいの?」

 

よく言われますね。

でも、わたしは大好きです。

風を切る感覚、足が地面を噛み締めてる感覚、地面を蹴る感覚。全て楽しいです。

 

結論から言うと

人は人。‬です。

‪みんながそれぞれ個有の幸せで
それぞれ個有の楽しさがある。

冷たい人間はこう考えている場合が多いのではないでしょうか。

決して興味がないわけではなく、相手の意見を尊重している場合がほとんどなのです。

 

 

自分が普通だなんて思わない方がいいです。‬
‪そう思ってしまうと他人を普通じゃないと思ってしまうから。

‬下を見てバカにしたり、上を見て自分が情けなくなったりしてしまう。

 

‪でも。‬
‪周りがその目線を持ってないと思うと残念に思う。‬

 

‪だって、生き方が楽だから、とっても。‬

まとめ

 

このように、どこが良くて、どこが劣っている。という考え方ではなく

 

それぞれが固有の価値観の元で行動している。だから、価値観に順位をつけることなく、対等な立場で捉えよう

という考え方を

 

「多文化主義」

 

と言います。

 

社会学を学んでいなくても、どこかで聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

 

「多文化主義」は社会学ではHOTなワードです。

社会学の本を読めば、人種差別問題などの欄に必ずと言って良いほど、書いてあります。

 

しかし、この考え方は決して人種差別などを学習しようとする人だけが学べば良いというものではなく、個人個人が周りを気にすることなく生きていけるものなのです。

 

これを読んでいるあなたが熱い人間かもしれません。

でも、たまには何も干渉せず、自分の頭を冷やすこともしてみてはいかがでしょうか。

 

こんな説教じみた哲学を語りましたが、みなさんが楽になってくれたら、嬉しいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!バッチャンでした!

コメント